ミーハーという言葉についてちょっとだけ考えてみました

最近、凄く思うのがミーハーの定義って何だろうっていう事です。何となく流行りに手を出すことがミーハーなのかなって思う方が多いのではないでしょうか。そしてこのミーハーを凄く嫌う方もまた多いんですよね。はい、それが自分です。

例えば流行りの音楽とかあるじゃないですか。みんな聴いてる音楽よりあまり知られていないようなマイナーな音楽を聴いてしまう傾向があります。もちろん売れてる音楽ってやっぱ売れるだけの理由があっていい曲が多いんですけど、これもひねくれ者の自分からすると敬遠の対象になってしまいますね。マイナーな音楽を聴いてる事は別に誰かに公表しているわけではないのですが、まあ自己満足の世界ですかね。

でもそんな自分はファッションになると途端にミーハーになったりします。世間のトレンドとか凄く気になるし、流行ってる服装は取り入れたくなるんです。これは内面と外見の違いから来るものでしょうか。例えばファッションを流行から遠ざけてマイナーといいますか周囲の人とは違いを出すと凄く浮きますよね。

音楽だったら自分の中の世界だから誰にもバレないけど、服装はもろに分かります。ですので、何か自分で中途半端だなと思いながら外見ミーハー内面マイナーな感じで生活しています。でも中にがファッションも攻めてて人とは違う個性を放っている人もいますよね。凄くかっこいいし憧れます。

中途半端な気持ちでファッションを攻めると気恥ずかしい気持ちが勝って周囲からは憧れる対象にはならないでしょう。自分がやったら間違いなくこうなります。

また最近インスタに載せるためにカフェにいったりしてる自分はミーハーだと思うようになりました。やっぱ心のどこかにミーハーになりたい気持ちが眠ってたんですかね。でも流行の移り変りは本当に早く、あっという間に流行は廃れます。そしてこの廃れる直前に離れて次ぎに流行へ以降する人こそミーハーだと思いますね。

自分はこれができないので、ミーハーに対する嫉妬心というかそういう気持ちがあるんだと思います。どのジャンルにしろ自分が好きだと思ったらそれでいいだろって風潮も確かにあります。

しかし世間の目を気にしてどうしても流行り終わったものを愛するのって抵抗感が出てしまうんですよね。特にネットの普及で何がバズってて何がダサいかをすぐにすることのできる時代です。さらに日本はミーハー大国と呼ばれる国民性でもあります。そこでどう生きるかは自由だし、それぞれの個性が今以上に尊重される時代が来ればいいなって思いました。